オーダーの魅力

自分で作ることもできる

結婚指輪を自分たちで手作りしたいというカップルも少なくはありません。 でも、手作りするとはいえどうやって作るのか、期間は、費用は、仕上がりはなど色々不安点も多いでしょう。いずれにしても知識と技術が必要なので、専門家にサポートしてもらいながら作ることになります。 まず、結婚指輪を手作りさせてくれる工房に相談してみてください。そこで作業工程、作業期間、費用などを確認し、実際に手作りするのかを決めます。 手作り結婚指輪は完全オリジナルなので世界に同じものは二つとありません。基本的に仕上げなどは職人が行うため、仕上がりに関して不安がる必要もないでしょう。 もちろんダイヤモンドのセッティング等もできるので、まずは気兼ねなく相談してみることです。

気持ちを重視する傾向

結婚指輪はブランドの既製品を購入する割合が多くなっていますが、最近は思い出や気持ちという面を重視して手作りを選択するカップルもいます。既製品では得られないオリジナル性、二人だけの特別感が味わうことができるのが利点でしょう。 素材もプラチナ、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、シルバーなどから選べ、誕生石やダイヤモンドのセッティング、裏面のメッセージ彫刻など一般的な結婚指輪と同じものが作れます。 価格は材料費と製作費がかかるため一概ではありませんが、予算の範囲で作ることができるのが特徴です。デザインに凝れば費用も割高になりますが、シンプルなものなら2本で10万円前後で制作することもできるでしょう。