婚約の証

婚約指輪の金額について。

私が結婚をしましたのは今から約25年前の24歳の時です。当時今の妻に渡しました婚約指輪の金額は月給の二ヶ月分の約300000円のダイヤの指輪です。私は18歳で会社に入り24歳のころの手取りの給料は約150000円でした。当時婚約指輪は給料の二ヶ月分と言われていた時期でしたので、私は給料の二ヶ月分の約300000円の婚約指輪を妻に渡しました。今では婚約指輪は給料の二ヶ月分とかあまり言われなくなりましたが、当時は世間一般的に当たり前のように言われていました。婚約指輪は妻と一緒にジュエリーショップに行って一緒に決めて購入しました。当時の300000円は私に取りましてとても大金でありましたので慎重に決めました。

その他結婚指輪について。

そして婚約指輪を渡した後に結婚指輪を購入して妻と正式に結婚式を挙げました。結婚式では結婚指輪の交換をして結婚した証となりました。婚約指輪は約25年経った今でも妻が大切に保管していますが、結婚指輪は毎日付けているのでしたので途中新しいものに交換しました。今思い出しても結婚には婚約指輪や結婚指輪や新婚旅行などいろいろとお金が掛かります。今の時代ではあまりお金を掛けずに結婚する人が多くなって来ていますが、25年前当時は結婚は一生に一度のことであるという思いが強かったので、お金を掛けることは当たり前のような感じでありました。とはいえ無事に婚約指輪や結婚指輪、そして結婚式や新婚旅行など一通りすることが出来て良かったです。